日々のくらしとまなび

0・1・2歳児(乳児)の保育

ゆるやかな育児担当制

ゆるやかな育児担当制0歳「つくし」1歳「たんぽぽ」2歳「すみれ」の各クラスは、年齢ごとの区分で3クラスです。これら3クラスは、一人の保育教諭が食事や排泄、睡眠などの育児の部分を少人数のグル-プを担当する「ゆるやかな育児担当制」です。
「ゆるやかな担当制」では、基本的な生活習慣を身につけるという乳児期の課題を達成することを目的にし、より清潔で安定した家庭的な環境の中で、きめ細やかな保育を目指します。

育児の時間育児の時間

「ゆるやかな担当制」によって、特定の大人(保育者)が特定の子どもの保育をするように心がけていますから、例えばトイレの時間を準備し、クラスの全員が一緒に用を足すというのが無くなります。
このことにより、子どもの生理的欲求がより満足されやすくなり、情緒の安定が期待できます。
例えば、子どもたちそれぞれが同じ時間に朝食をとっているわけではありません。したがって昼食の時間も早い朝食の子は早い時間帯に、遅い朝食の子は遅い時間帯にというように、なるべく個別の事情を加味して給食の時間を過ごします。みんな一斉にということが無くなりますから、一人ひとりの子どもを意識して、必要な援助をすることができます。

遊びの空間遊びの空間

遊びの空間は担当制ではありません。色々な大人がそれぞれの子どもの成長に関わります。
動きたい、まねしたい、知ってるモノをつくりたい等という欲求を満たし、さらには体の機能の発達を促すために工夫されたおもちゃや、活動しやすい空間を準備していきます。

育児担当制の良さ

担当保育者が変わらないことは、子どもにとっては、情緒的応答性が高く一貫した養育態度が望め、読み取り能力の敏感性を高め、日々の生活を予測可能なものにします。
また、行動に迷ったり未経験で不慣れな状況下で、心の動揺を感じた時、担当保育者が安心の基地として機能して問題解決の方法を示し、子どもの必要性に応じた適切な援助で、自らが価値ある存在であるという主観的意識をもたらすことができます。
子どもは自分の情緒に向き合ってもらうことで、他者の意図に気づき理解しようとする姿が見られ、問題解決や自己コントロール方法の内面化とともに社会適応能力の基礎を培うことになります。

ながらこどもの森 空き状況

3号
認定

0歳児

×空なし

1歳児

×空なし

2歳児

×空なし

2号
認定

3歳児

×空なし

4歳児

×空なし

5歳児

×空なし

1号
認定

3歳児

×空なし

4歳児

×空なし

5歳児

×空なし

[8月24日現在]
詳しい空き状況は園までお問い合わせください。 毎月20日までに申込み、翌月1日からの入園。

お問い合わせ・ご相談

ながらこどもの森
TEL:058-231-8945
(受付時間/9:00~16:00)